カリスチャペル名張について

「カリス」この美しい響きの言葉はギリシャ語で「恵み」という意味です。

私たちのカリスチャペルは、この名前の様に「カリス(恵み)」があふれています。

賛美歌や祈り、メッセージ、礼拝堂の中に神様の恵みが満ちています。

信仰姿勢は聖書を中心としたキリスト教信仰の伝統を引き継ぎつつ、礼拝の形式やスタイルはとても明るく現代的で、メッセージはわかりやすく日々の生活に活力を与え、癒しと慰めが得られます。

大阪府交野市に本部教会、カリスチャペルを置くカリスチャペル名張は、55年の歴史を持つ正統的なプロテスタント教会です。
毎週の礼拝や各イベントにもお気軽にお越しください。
あなたのお越しを心よりお待ちしています。

 

◆カリスチャペルの理念

私たちカリスチャペルは、すべての人に、イエス・キリストによる十字架の救いを宣べ伝え、救われた人々は主の弟子となり、成熟したリーダーとして実を結ぶことを目指します。神と教会を愛してそれぞれの賜物をもって仕え合い、キリストのからだを建てあげます。

 

◆ カリスチャペル 創立牧師 

村上好伸・民子  Yoshinobu & Tamiko Murakami

1939年神戸市生まれ。16歳で牧師の道を志し、21歳で牧師の按手を受け、民子夫人と共にカリスチャペル牧師として宣教活動を続け、50余年。国内はもとより、アメリカ・ヨーロッパ、アジア等で50カ国以上で活躍し、福音宣教に生涯を捧げている。

アジア人福音宣教会会長、日本教会成長研修所(JCGI)関西地区委員長等を務める。

キリスト教指導者名誉博士[1977年]、名誉宣教学博士[1985年]、名誉神学博士[1988年]